出産内祝いの基礎知識と口コミ評判について|lovely Gift

出産内祝いは贈った方がいい?!

出産祝いを貰ったお返しとして、出産内祝いを贈る方もいるでしょう。それを行って良かったかは、贈った本人にしか分かりません。そこで、出産内祝いを贈ろうと考えている方は、以下の意見を参考に、出産内祝いを贈るかどうかを決めましょう。

出産内祝いを贈った際の意見

ありがとうの気持ちを込めて贈りました

妊娠中も色々サポートしてくれたお礼も含めて出産内祝いを贈りました。特に両親には感謝してもしきれないです。贈った品は高級感溢れるモノにしたので喜んでもらえると嬉しいです。

次回もメッセージ付きにしたい!

出産内祝いを贈る時、1人1人にメッセージを添えることも出来ると知ったのでやってみました。すると、贈った方から連絡があり、とても喜んでくれたので私も嬉しい気持ちになっています。次もまた、メッセージ付きの出産内祝いを贈るようにしたいです。

柄にもないけど…

日頃からお世話になっている家族に出産内祝いを贈りました。柄にもないことをやったので驚かれましたが、嬉しいと言われて良かったです。それに、贈った品にも満足しているようでホッとしています。

内祝い

感謝の気持ち

赤ちゃんができたお祝いに素敵な出産祝いを頂いたら、そのお礼として出産内祝いを送りましょう。また、出産祝いを頂いていない方でも、お披露目を兼ねて送ってみることも良いかもしれません。相手に対してこちらの感謝の気持ちを送ることで、より関係が深まります。出産はとても多くの方助けがあり、始めてできるものです。会社で働いている人であれば、会社を休まなければなりません。その分の仕事を他の人に任せることになるので、配慮が必要になってきます。また、親族も気を使ってくれるものです。出産の経験がある、母親や祖母、その他親族から何かしらの手助けがあれば、とても頼りになります。そうしたことからも、出産後は何か今までお世話になったことに対してのお礼ができると良いですね。そこで出産内祝いをお送りして、自分達の感謝の気持ちを伝えていきましょう。

ギフトの基礎

出産内祝いにはどのようにして送ればよいでしょうか。まず送るタイミングですが、通常赤ちゃんが生まれてから1から2ヵ月後ぐらいに送るのが良いです。あまり早い時期ですと、自分達も忙しいでしょうから難しいでしょう。ですが、だからといって遅すぎてもダメです。特に出産祝いを頂いた方には、あまり遅れないように準備をしたいです。そして送る商品ですが、食べられるものなど消費しやすいものが良いです。しばしば赤ちゃんが生まれたことが嬉しすぎて、自分の子供の名前や写真付きのものを準備したくなる人もいますが、相手の立場からすると、そうした物は使いにくいですので、あまり歓迎されないかもしれません。誰でも気軽に消費できる、メジャーなギフト品を利用するのが無難です。産後は忙しいでしょうが、こうしたことにも配慮して出産内祝いを贈りましょう。

広告募集中